格安の単身引越し
【四国中央市】
引越し料金を公開中

四国中央市の単身引越しが格安、安い!

ここでは単身の引越しでよくある荷物をリストアップした4パターンの四国中央市の引越し料金をご覧ください。

引越し先の市町村を選択すると四国中央市からの距離を自動で取得し運賃を計算します。そしてワンルーム、1K、1DK、1LDKのそれぞれの平均的な荷物を運んだ場合の荷役料金を計算します。運賃と、荷役料金の合計から引越し料金を算出します。(引越し料金の計算方法

スタッフが1名で作業することが可能な場合は作業員が1名の場合の料金と、作業員が2名の場合の料金をご参考いただけます。

全国どこでも作業の引受が可能なわけではありませんが、引越し費用の目安の見積もりにご利用をいただけます。

単身引越し

お取り扱い

ワンルーム、一人暮らし、学生、介護施設、単身赴任等、荷物が少ない引越し

現住所(旧居)の情報
愛媛県
四国中央市から引越し
新住所(新居)の情報
予定日

軽トラック1台分の荷物
四国中央の引越し料金例(単身)

地点間の距離GOOGLE プライバシー ポリシー

下は単身で四国中央市から各地へ引越しする料金の1例です(1階から1階)。軽トラック1台に適量の荷物を運ぶ場合の参考見積(税込)です。閑散期の割引、繁忙期の割増等を考慮していません。高速道路は利用してもしなくても金額は変わりません。都合上引受ができないルートの料金が表示される場合があります。

四国中央市から愛媛県までの引越し料金

クリック愛媛県の市町村を表示

四国中央市から香川県までの引越し料金

クリック香川県の市町村を表示

四国中央市から徳島県までの引越し料金

クリック徳島県の市町村を表示

四国中央市から高知県までの引越し料金

クリック高知県の市町村を表示

四国中央市から広島県までの引越し料金

クリック広島県の市町村を表示

四国中央市から岡山県までの引越し料金

クリック岡山県の市町村を表示

四国中央市から山口県までの引越し料金

クリック山口県の市町村を表示

四国中央市から島根県までの引越し料金

クリック島根県の市町村を表示

四国中央市から鳥取県までの引越し料金

クリック鳥取県の市町村を表示

四国中央市から兵庫県までの引越し料金

クリック兵庫県の市町村を表示

四国中央市から大阪府までの引越し料金

クリック大阪府の市町村を表示

四国中央市から京都府までの引越し料金

クリック京都府の市町村を表示

四国中央市から奈良県までの引越し料金

クリック奈良県の市町村を表示

四国中央市から大分県までの引越し料金

クリック大分県の市町村を表示

四国中央市から福岡県までの引越し料金

クリック福岡県の市町村を表示

引越し業者の道具をご紹介します!

引越し業者が使う道具のご紹介です。実際にサイト運営者(TAKE引越センター)が使用している資材です。早く丁寧に作業するために、こんなものを使いながら作業をしています。

  • ハイパット
    多くの引越し業者が家具の簡易梱包にハイパット(ジャバラともいいます。)を使います。ハイパットは被せるだけなの家具の梱包に手間がかかりません。
  • 古毛布
    緩衝材として万能な古毛布は引越し業者がよく使用する資材です。テレビの画面を保護するために、家具の傷防止のために、簡単な床の養生に使います。
  • マットレスカバー
    ベッドマットレスの梱包にはマットレスカバーを使います。室外で地面に直に置いても汚れず、雨天時の作業でも濡れる心配がありません。
  • Dカンベルト
    Dカンベルトも引越し資材の定番です。梱包した家具はDカンベルトで縛ります。縛ってできる持ち手をつかんで家具を運びます。直接手をかけて家具を持ち上げないので破損のリスクを減らすことができます。
  • ハンディラップ
    ハンディラップは引越し作業で最も多く使用する必需品です。電気製品のコードをまとめて固定するために使います。
  • 平台車
    エレベーターを使って荷物を運ぶ時は必ずと言っていいほど台車を使います。手押しの台車よりも平台車の方がたくさんの量の荷物を運搬できるので作業効率があがります。
  • 背負子
    階段を使って荷物を運ぶ時は背負子(しょいこ)が活躍します。引越し用の背負子はキャスターがついているのでカートの代わりにもなります。
  • ハンガーボックス
    ハンガーボックスとは服をハンガーにかけたまま収納できるケースのことです。しわを作りたくないスーツ等の服を運ぶ際にお客様に喜ばれます。
  • もっこ
    重量物を運ぶ時は、もっこを使います。両手がつかえるのでバランスを取りながら安定して荷物を運べます。
  • 養生板
    重量物の設置時は傷防止のために樹脂製の養生板で床をカバーします。
  • 工具
    ベッドの分解組立、洗濯機の脱着等のために引っ越し業者は必要な工具を携帯しているのが普通です。

四国中央市から引越しする時の料金を知りたい!

四国中央市の引越し。軽トラックで積載可能な荷物量です。1Fから1Fの引越し場合、料金はどれくらいですか?

下は閑散期のお値引き、繁忙期の割増を考慮してません。表示される料金は税込で高速道路は利用してもしなくても同じです。大手単身引越しパックの料金との比較で便利かもしれません。(都合上お引受ができないルートの料金が表示される場合があります。)

四国中央市から愛媛県内の引越し料金 ...他

四国中央市の引っ越し。だいたいでよいので荷物量や階段や引越し日を考慮した引っ越し料金を教えてください。

お住まい、新居の階数やエレベーターの有無、予定日など数個の情報で4パターンの荷物量に応じた四国中央市からの引越しの参考料金をお返しします。メールアドレスや電話番号は必要ありません。(都合上お引受ができないルートの料金が表示される場合があります。)

四国中央市の引越し。正確なお見積もり得るにはどうすればよいですか?

正確なお見積り【単身引越し】自分で見積もりをしてみませんか??からどうぞ。

階段やエレベーター等の建物の情報以外に運搬を依頼する荷物の情報を入力することでお見積額を自動でお返しします。ご入力をいただいた情報をメールで送信できるようになっていて、お申し込みの際の対応がスムーズになります。

お見積りを得るまでにメールアドレスや電話番号等の個人情報は必要ありません。(都合上お引受ができないルートの料金が表示される場合があります。)

四国中央市の人口、転入数、転出数

2023.1.1の四国中央市の人口は83,426人で、愛媛県内で5番目の数です。(うち約1.075%の897人が外国人。)2022年の四国中央市は-238人の転出超過です。2,405人が四国中央市内に引越し(転入)をして、2,622人が四国中央市外へ引っ越し(転出)をしました。(住民基本台帳 政府統計の窓口を編集。)

四国中央市愛媛県
20
全国
1,741
人口
(2023.1.1)
83,426人5位333位
2022年 転入2,405人
2022年 転出2,622人
人口増減数1年
(2022年)
-978人15位1,585位
人口増加率1年
(2022年)
-1.158%8位849位
社会増減1年
(2022年)
-238人16位1,630位
外国人の人口
(2023.1.1)
897人5位462位
外国人の割合
(2023.1.1)
1.075%5位993位
一人当たりの所得(年収)
(2023年)
3,175,534円4位539位
財政力指数
決算年度(2022年)
0.723位369位
ふるさと納税寄付額
決算年度(2022年)
¥925,084,0005位252位

四国中央市の社会増減の推移(国外を含む)

※ 2004.04.01
川之江市,伊予三島市,新宮村,土居町が合併。四国中央市になる。
現在の四国中央市に相当する地域に引っ越し(転入)して来た人の数から、引っ越し(転出)した人の数を引いた四国中央市の社会増減の推移(国外を含む)(出典:政府統計の窓口を編集)
全国1741
1994年1452位
-166人
1995年1557位
-320人
1996年694位-5人
1997年1597位
-362人
1998年1648位
-447人
1999年1604位
-384人
2000年1542位
-317人
2001年1075位
-88人
2002年697位
-18人
2003年1387位
-191人
2004年1126位
-104人
2005年1535位
-332人
2006年1481位
-297人
2007年1627位
-467人
2008年1540位
-303人
2009年1567位
-262人
2010年1512位
-234人
2011年1470位
-229人
2012年502位382人
2013年1608位
-397人
2014年1547位
-294人
2015年1587位
-324人
2016年1602位
-305人
2017年1597位
-280人
2018年1702位
-577人
2019年1681位
-435人
2020年1623位
-367人
2021年1601位
-421人
2022年1630位
-238人
四国中央市に引っ越し(転入)して来た外国人の数から、引っ越し(転出)した外国人の数を引いた四国中央市の外国人の社会増減の推移(国外を含む)(出典:政府統計の窓口を編集)
全国1741
2013年1630位
-68人
2014年239位35人
2015年235位81人
2016年294位84人
2017年348位85人
2018年1724位
-33人
2019年334位123人
2020年425位11人
2021年1616位
-185人
2022年440位112人

四国中央市の人口の推移

現在の四国中央市を構成する範囲の人口の推移です。(政府統計の窓口を編集。)
最小最大
人数全国
1741
人口の変化
1995.01.0197,828人288位
1996.01.0197,596人290位
1997.01.0197,731人293位
1998.01.0197,515人295位
1999.01.0197,126人296位
2000.01.0196,664人298位
2001.01.0196,398人299位
2002.01.0196,197人299位
2003.01.0196,089人299位
2004.01.0195,742人300位
2005.01.0195,514人301位
2006.01.0195,204人301位
2007.01.0194,690人304位
2008.01.0194,065人305位
2009.01.0193,574人307位
2010.01.0193,062人308位
2011.01.0192,562人308位
2012.01.0192,041人312位
2013.01.0192,130人314位
2014.01.0191,671人314位
2015.01.0190,977人315位
2016.01.0190,242人315位
2017.01.0189,470人317位
2018.01.0188,634人322位
2019.01.0187,482人323位
2020.01.0186,406人324位
2021.01.0185,450人325位
2022.01.0184,404人331位
2023.01.0183,426人333位
四国中央市に住む外国人の数の推移です。(政府統計の窓口を編集。)
最小最大
人数外国人人口変化人口率全国
1741
2014.01.01566人
0.6174%900位
2015.01.01604人
0.6639%877位
2016.01.01686人
0.7601%823位
2017.01.01774人
0.865%769位
2018.01.01859人
0.9691%763位
2019.01.01827人
0.9453%879位
2020.01.01950人
1.0994%852位
2021.01.01965人
1.1293%840位
2022.01.01783人
0.9276%990位
2023.01.01897人
1.0752%993位

2023.1.1 - 四国中央市の年齢別人口

四国中央市の5歳毎の年齢別人口ピラミッド(2023.1.1 住民基本台帳)。全国平均を重ねて比較。
四国中央市全国平均(政府統計の窓口を編集。)

外国人を含む

 
 










































女性男性
42,522人40,904人
83人(0.099%)
100~
11人(0.013%)
478人(0.572%)
95~99
121人(0.145%)
1,199人(1.437%)
90~94
447人(0.535%)
2,043人(2.448%)
85~89
1,116人(1.337%)
2,425人(2.906%)
80~84
1,711人(2.05%)
2,769人(3.319%)
75~79
2,319人(2.779%)
3,790人(4.542%)
70~74
3,496人(4.19%)
3,010人(3.607%)
65~69
2,867人(3.436%)
2,670人(3.2%)
60~64
2,610人(3.128%)
2,631人(3.153%)
55~59
2,642人(3.166%)
2,744人(3.289%)
50~54
2,925人(3.506%)
2,901人(3.477%)
45~49
3,134人(3.756%)
2,259人(2.707%)
40~44
2,588人(3.102%)
2,143人(2.568%)
35~39
2,298人(2.754%)
1,730人(2.073%)
30~34
2,027人(2.429%)
1,639人(1.964%)
25~29
1,920人(2.301%)
1,682人(2.016%)
20~24
1,970人(2.361%)
1,782人(2.136%)
15~19
1,953人(2.34%)
1,830人(2.193%)
10~14
1,801人(2.158%)
1,509人(1.808%)
5~9
1,618人(1.939%)
1,205人(1.444%)
0~4
1,330人(1.594%)

外国人のみ

 
 










































女性男性
524人373人
0人(0%)
100~
0人(0%)
1人(0.111%)
95~99
0人(0%)
0人(0%)
90~94
0人(0%)
0人(0%)
85~89
0人(0%)
0人(0%)
80~84
3人(0.334%)
3人(0.334%)
75~79
2人(0.222%)
3人(0.334%)
70~74
1人(0.111%)
5人(0.557%)
65~69
2人(0.222%)
2人(0.222%)
60~64
3人(0.334%)
11人(1.226%)
55~59
6人(0.668%)
20人(2.229%)
50~54
9人(1.003%)
27人(3.01%)
45~49
13人(1.449%)
37人(4.124%)
40~44
18人(2.006%)
24人(2.675%)
35~39
32人(3.567%)
60人(6.688%)
30~34
59人(6.577%)
142人(15.83%)
25~29
120人(13.377%)
157人(17.502%)
20~24
77人(8.584%)
21人(2.341%)
15~19
9人(1.003%)
4人(0.445%)
10~14
7人(0.78%)
4人(0.445%)
5~9
6人(0.668%)
3人(0.334%)
0~4
6人(0.668%)

四国中央市の平均所得の推移

四国中央市の納税義務者一人当たりの平均所得(年収)の推移。
年度年収愛媛県
20
全国
1741
1975年1,286,206円
9位778位
1976年1,339,541円
12位868位
1977年1,444,424円
11位887位
1978年1,539,235円
11位875位
1979年1,649,562円
9位805位
1980年1,763,045円
8位823位
1981年1,884,535円
9位793位
1982年1,922,046円
12位904位
1983年2,002,853円
9位862位
1984年2,116,516円
8位871位
1985年2,182,074円
9位869位
1986年2,246,512円
10位875位
1987年2,335,241円
4位787位
1988年2,427,926円
5位809位
1989年2,561,056円
5位793位
1990年2,720,728円
7位916位
1991年2,911,828円
7位894位
1992年3,139,658円
6位834位
1993年2,965,409円
9位994位
1994年3,040,727円
9位971位
1995年3,102,609円
9位962位
1996年3,135,673円
8位876位
1997年3,214,841円
5位828位
1998年3,239,777円
5位850位
1999年3,225,258円
5位808位
2000年3,219,593円
4位794位
2001年3,201,637円
4位792位
2002年3,203,506円
5位743位
2003年3,172,849円
5位693位
2004年3,171,612円
4位631位
2005年3,127,237円
3位601位
2006年2,963,306円
4位655位
2007年2,970,775円
4位624位
2008年2,949,747円
4位653位
2009年2,904,844円
6位661位
2010年2,843,256円
5位583位
2011年2,843,385円
5位583位
2012年2,805,061円
5位620位
2013年2,796,757円
5位612位
2014年2,822,669円
5位609位
2015年2,848,658円
5位612位
2016年2,885,830円
5位599位
2017年2,950,716円
4位547位
2018年2,968,147円
4位569位
2019年2,930,573円
5位649位
2020年2,946,430円
5位627位
2021年3,131,377円
4位479位
2022年3,114,214円
5位581位
2023年3,175,534円
4位539位
(出典:総務省|地方税に関する統計等を編集)

四国中央市の財政力指数の推移

財政力が高い市町村は行政サービスが充実しているかもしれません。四国中央市の財政力指数の推移です。
財政力指数(ざいせいりょくしすう)とは、地方公共団体の財政力を示す指標として用いられる指数であり、基準財政収入額を基準財政需要額で除した数値である。通常は過去3カ年の平均値を指す。(https://ja.wikipedia.org/wiki/財政力指数から引用)
年度指数愛媛県
20
全国
1741
2018年0.76
3位360位
2019年0.75
4位373位
2020年0.74
4位385位
2021年0.72
4位387位
2022年0.72
3位369位
(出典:政府統計の窓口を編集)

ふるさと納税の四国中央市への寄付金額

ふるさと納税の四国中央市への寄付金額の推移と順位。
決算年度寄付金額愛媛県
20
全国
1741
2008年¥4,970,000
3位217位
2009年¥5,155,000
4位226位
2010年¥12,461,000
2位81位
2011年¥5,940,000
3位248位
2012年¥22,904,000
2位58位
2013年¥22,073,000
5位118位
2014年¥16,707,000
6位335位
2015年¥28,427,000
8位659位
2016年¥23,399,000
12位978位
2017年¥13,526,000
12位1239位
2018年¥24,597,000
12位1141位
2019年¥90,645,005
9位785位
2020年¥209,665,000
9位626位
2021年¥439,251,000
7位447位
2022年¥925,084,000
5位252位
(出典:総務省|ふるさと納税ポータルサイトを編集)

外部サイト