格安の単身引越し
【紀の川市】
引越し料金を公開中

紀の川市の単身引越しが格安、安い!

ここでは単身の引越しでよくある荷物をリストアップした4パターンの紀の川市の引越し料金をご覧ください。全国どこでも作業の引受が可能なわけではありませんが、引越し費用の目安の計算にご利用をいただけます。

単身引越し

お取り扱い

ワンルーム、一人暮らし、学生、介護施設、単身赴任等、荷物が少ない引越し

現住所(旧居)の情報
和歌山県
紀の川市から引越し
新住所(新居)の情報
予定日

軽トラック1台分の荷物
紀の川の引越し料金例(単身)

地点間の距離GOOGLE プライバシー ポリシー

下は単身で紀の川市から各地へ引越しする料金の1例です(1階から1階)。軽トラック1台に適量の荷物を運ぶ場合の参考見積(税込)です。閑散期の割引、繁忙期の割増等を考慮していません。高速道路は利用してもしなくても金額は変わりません。都合上引受ができないルートの料金が表示される場合があります。

紀の川市から和歌山県までの引越し料金

クリック和歌山県の市町村を表示

紀の川市から奈良県までの引越し料金

クリック奈良県の市町村を表示

紀の川市から三重県までの引越し料金

クリック三重県の市町村を表示

紀の川市から大阪府までの引越し料金

クリック大阪府の市町村を表示

紀の川市から京都府までの引越し料金

クリック京都府の市町村を表示

紀の川市から兵庫県までの引越し料金

クリック兵庫県の市町村を表示

紀の川市から岡山県までの引越し料金

クリック岡山県の市町村を表示

紀の川市から鳥取県までの引越し料金

クリック鳥取県の市町村を表示

紀の川市から滋賀県までの引越し料金

クリック滋賀県の市町村を表示

紀の川市から愛知県までの引越し料金

クリック愛知県の市町村を表示

紀の川市から岐阜県までの引越し料金

クリック岐阜県の市町村を表示

紀の川市から福井県までの引越し料金

クリック福井県の市町村を表示

紀の川市から香川県までの引越し料金

クリック香川県の市町村を表示

紀の川市から徳島県までの引越し料金

クリック徳島県の市町村を表示

引越し業者の道具をご紹介します!

引越し業者が使う道具のご紹介です。実際にサイト運営者(TAKE引越センター)が使用している資材です。早く丁寧に作業するために、こんなものを使いながら作業をしています。

  • ハイパット
    多くの引越し業者が家具の簡易梱包にハイパット(ジャバラともいいます。)を使います。ハイパットは被せるだけなの家具の梱包に手間がかかりません。
  • 古毛布
    緩衝材として万能な古毛布は引越し業者がよく使用する資材です。テレビの画面を保護するために、家具の傷防止のために、簡単な床の養生に使います。
  • マットレスカバー
    ベッドマットレスの梱包にはマットレスカバーを使います。室外で地面に直に置いても汚れず、雨天時の作業でも濡れる心配がありません。
  • Dカンベルト
    Dカンベルトも引越し資材の定番です。梱包した家具はDカンベルトで縛ります。縛ってできる持ち手をつかんで家具を運びます。直接手をかけて家具を持ち上げないので破損のリスクを減らすことができます。
  • ハンディラップ
    ハンディラップは引越し作業で最も多く使用する必需品です。電気製品のコードをまとめて固定するために使います。
  • 平台車
    エレベーターを使って荷物を運ぶ時は必ずと言っていいほど台車を使います。手押しの台車よりも平台車の方がたくさんの量の荷物を運搬できるので作業効率があがります。
  • 背負子
    階段を使って荷物を運ぶ時は背負子(しょいこ)が活躍します。引越し用の背負子はキャスターがついているのでカートの代わりにもなります。
  • ハンガーボックス
    ハンガーボックスとは服をハンガーにかけたまま収納できるケースのことです。しわを作りたくないスーツ等の服を運ぶ際にお客様に喜ばれます。
  • もっこ
    重量物を運ぶ時は、もっこを使います。両手がつかえるのでバランスを取りながら安定して荷物を運べます。
  • 養生板
    重量物の設置時は傷防止のために樹脂製の養生板で床をカバーします。
  • 工具
    ベッドの分解組立、洗濯機の脱着等のために引っ越し業者は必要な工具を携帯しているのが普通です。

紀の川市から引越しする時の料金を知りたい!

紀の川市の引越し。軽トラックで積載可能な荷物量です。1Fから1Fの引越し場合、料金はどれくらいですか?

下は閑散期のお値引き、繁忙期の割増を考慮してません。表示される料金は税込で高速道路は利用してもしなくても同じです。大手単身引越しパックの料金との比較で便利かもしれません。(都合上お引受ができないルートの料金が表示される場合があります。)

紀の川市から和歌山県内の引越し料金 ...他

紀の川市の引っ越し。だいたいでよいので荷物量や階段や引越し日を考慮した引っ越し料金を教えてください。

お住まい、新居の階数やエレベーターの有無、予定日など数個の情報で4パターンの荷物量に応じた紀の川市からの引越しの参考料金をお返しします。メールアドレスや電話番号は必要ありません。(都合上お引受ができないルートの料金が表示される場合があります。)

紀の川市の引越し。正確なお見積もり得るにはどうすればよいですか?

正確なお見積り【単身引越し】自分で見積もりをしてみませんか??からどうぞ。

階段やエレベーター等の建物の情報以外に運搬を依頼する荷物の情報を入力することでお見積額を自動でお返しします。ご入力をいただいた情報をメールで送信できるようになっていて、お申し込みの際の対応がスムーズになります。

お見積りを得るまでにメールアドレスや電話番号等の個人情報は必要ありません。(都合上お引受ができないルートの料金が表示される場合があります。)

紀の川市の人口、転入数、転出数

2023.1.1の紀の川市の人口は59,981人で、和歌山県内で4番目の数です。(うち約0.712%の427人が外国人。)2022年の紀の川市は48人の転入超過です。1,558人が紀の川市内に引越し(転入)をして、1,511人が紀の川市外へ引っ越し(転出)をしました。(住民基本台帳 政府統計の窓口を編集。)

紀の川市和歌山県
30
全国
1,741
人口
(2023.1.1)
59,981人4位451位
2022年 転入1,558人
2022年 転出1,511人
人口増減数1年
(2022年)
-578人26位1,408位
人口増加率1年
(2022年)
-0.954%5位728位
社会増減1年
(2022年)
48人4位484位
外国人の人口
(2023.1.1)
427人3位717位
外国人の割合
(2023.1.1)
0.712%14位1335位
一人当たりの所得(年収)
(2023年)
2,957,573円12位905位
財政力指数
決算年度(2022年)
0.419位927位
ふるさと納税寄付額
決算年度(2022年)
¥1,387,749,8004位160位

紀の川市の社会増減の推移(国外を含む)

※ 2005.11.07
打田町,粉河町,那賀町,桃山町,貴志川町が合併。紀の川市になる。
現在の紀の川市に相当する地域に引っ越し(転入)して来た人の数から、引っ越し(転出)した人の数を引いた紀の川市の社会増減の推移(国外を含む)(出典:政府統計の窓口を編集)
全国1741
1994年80位982人
1995年58位1,001人
1996年170位494人
1997年311位185人
1998年163位366人
1999年707位
-16人
2000年636位
-11人
2001年704位
-25人
2002年1160位
-92人
2003年414位19人
2004年996位
-78人
2005年1279位
-170人
2006年1119位
-124人
2007年1541位
-347人
2008年1420位
-212人
2009年1147位
-94人
2010年1477位
-210人
2011年1411位
-189人
2012年1056位8人
2013年1314位
-178人
2014年922位
-63人
2015年1574位
-310人
2016年1622位
-328人
2017年1656位
-381人
2018年1664位
-429人
2019年1639位
-361人
2020年1478位
-236人
2021年1018位
-82人
2022年484位48人
紀の川市に引っ越し(転入)して来た外国人の数から、引っ越し(転出)した外国人の数を引いた紀の川市の外国人の社会増減の推移(国外を含む)(出典:政府統計の窓口を編集)
全国1741
2013年237位17人
2014年482位11人
2015年355位41人
2016年720位18人
2017年829位17人
2018年687位32人
2019年462位80人
2020年972位
-2人
2021年1322位
-44人
2022年851位34人

紀の川市の人口の推移

現在の紀の川市を構成する範囲の人口の推移です。(政府統計の窓口を編集。)
最小最大
人数全国
1741
人口の変化
1995.01.0169,638人402位
1996.01.0170,631人398位
1997.01.0171,137人400位
1998.01.0171,317人400位
1999.01.0171,654人399位
2000.01.0171,536人400位
2001.01.0171,411人399位
2002.01.0171,272人402位
2003.01.0171,042人407位
2004.01.0170,934人407位
2005.01.0170,545人411位
2006.01.0170,224人413位
2007.01.0169,841人412位
2008.01.0169,210人414位
2009.01.0168,651人417位
2010.01.0168,247人421位
2011.01.0167,723人424位
2012.01.0167,195人423位
2013.01.0166,862人430位
2014.01.0166,411人432位
2015.01.0165,982人434位
2016.01.0165,318人434位
2017.01.0164,511人434位
2018.01.0163,643人439位
2019.01.0162,682人445位
2020.01.0161,813人450位
2021.01.0161,094人452位
2022.01.0160,559人449位
2023.01.0159,981人451位
紀の川市に住む外国人の数の推移です。(政府統計の窓口を編集。)
最小最大
人数外国人人口変化人口率全国
1741
2014.01.01242人
0.3643%1315位
2015.01.01253人
0.3834%1315位
2016.01.01295人
0.4516%1243位
2017.01.01310人
0.4805%1255位
2018.01.01325人
0.5106%1290位
2019.01.01355人
0.5663%1292位
2020.01.01434人
0.7021%1226位
2021.01.01436人
0.7136%1248位
2022.01.01394人
0.6506%1291位
2023.01.01427人
0.7118%1335位

2023.1.1 - 紀の川市の年齢別人口

紀の川市の5歳毎の年齢別人口ピラミッド(2023.1.1 住民基本台帳)。全国平均を重ねて比較。
紀の川市全国平均(政府統計の窓口を編集。)

外国人を含む

 
 










































女性男性
31,409人28,572人
45人(0.075%)
100~
5人(0.008%)
300人(0.5%)
95~99
82人(0.136%)
843人(1.405%)
90~94
315人(0.525%)
1,396人(2.327%)
85~89
781人(1.302%)
1,782人(2.97%)
80~84
1,169人(1.948%)
2,070人(3.451%)
75~79
1,839人(3.065%)
2,735人(4.559%)
70~74
2,479人(4.132%)
2,240人(3.734%)
65~69
2,017人(3.362%)
2,169人(3.616%)
60~64
2,039人(3.399%)
2,225人(3.709%)
55~59
1,905人(3.176%)
2,251人(3.752%)
50~54
2,112人(3.521%)
1,979人(3.299%)
45~49
2,001人(3.336%)
1,755人(2.925%)
40~44
1,695人(2.825%)
1,451人(2.419%)
35~39
1,553人(2.589%)
1,216人(2.027%)
30~34
1,288人(2.147%)
1,187人(1.978%)
25~29
1,269人(2.115%)
1,278人(2.13%)
20~24
1,382人(2.304%)
1,222人(2.037%)
15~19
1,397人(2.329%)
1,284人(2.14%)
10~14
1,273人(2.122%)
1,110人(1.85%)
5~9
1,104人(1.84%)
871人(1.452%)
0~4
867人(1.445%)

外国人のみ

 
 










































女性男性
202人225人
0人(0%)
100~
0人(0%)
0人(0%)
95~99
0人(0%)
0人(0%)
90~94
0人(0%)
0人(0%)
85~89
0人(0%)
5人(1.17%)
80~84
1人(0.234%)
6人(1.405%)
75~79
1人(0.234%)
8人(1.873%)
70~74
6人(1.405%)
2人(0.468%)
65~69
2人(0.468%)
8人(1.873%)
60~64
6人(1.405%)
10人(2.341%)
55~59
13人(3.044%)
26人(6.088%)
50~54
6人(1.405%)
7人(1.639%)
45~49
7人(1.639%)
24人(5.62%)
40~44
11人(2.576%)
15人(3.512%)
35~39
16人(3.747%)
43人(10.07%)
30~34
44人(10.304%)
23人(5.386%)
25~29
56人(13.114%)
21人(4.918%)
20~24
46人(10.772%)
1人(0.234%)
15~19
6人(1.405%)
0人(0%)
10~14
4人(0.936%)
2人(0.468%)
5~9
0人(0%)
1人(0.234%)
0~4
0人(0%)

紀の川市の平均所得の推移

紀の川市の納税義務者一人当たりの平均所得(年収)の推移。
年度年収和歌山県
30
全国
1741
1975年1,180,766円
24位1238位
1976年1,298,540円
25位1046位
1977年1,417,798円
27位978位
1978年1,554,981円
21位823位
1979年1,721,578円
15位630位
1980年1,920,295円
12位495位
1981年2,049,177円
10位487位
1982年2,125,192円
9位497位
1983年2,232,201円
6位459位
1984年2,351,269円
7位457位
1985年2,384,696円
8位499位
1986年2,457,553円
7位496位
1987年2,547,616円
8位479位
1988年2,629,940円
8位499位
1989年2,794,304円
8位493位
1990年3,267,278円
4位371位
1991年3,567,125円
5位356位
1992年3,725,538円
4位358位
1993年3,401,309円
7位438位
1994年3,436,743円
7位446位
1995年3,499,033円
5位430位
1996年3,457,411円
7位446位
1997年3,555,981円
6位420位
1998年3,594,177円
6位407位
1999年3,560,679円
6位403位
2000年3,558,894円
9位377位
2001年3,462,539円
10位455位
2002年3,421,198円
8位455位
2003年3,323,749円
8位498位
2004年3,269,437円
10位518位
2005年3,209,464円
6位505位
2006年3,057,349円
5位530位
2007年3,042,287円
6位531位
2008年3,037,529円
5位530位
2009年2,952,795円
8位585位
2010年2,837,768円
8位593位
2011年2,831,970円
7位603位
2012年2,791,317円
8位642位
2013年2,747,229円
11位700位
2014年2,749,890円
9位729位
2015年2,766,463円
9位760位
2016年2,771,700円
11位788位
2017年2,768,669円
9位852位
2018年2,787,290円
11位891位
2019年2,806,243円
11位850位
2020年2,825,898円
12位844位
2021年2,910,876円
12位830位
2022年3,013,772円
11位748位
2023年2,957,573円
12位905位
(出典:総務省|地方税に関する統計等を編集)

紀の川市の財政力指数の推移

財政力が高い市町村は行政サービスが充実しているかもしれません。紀の川市の財政力指数の推移です。
財政力指数(ざいせいりょくしすう)とは、地方公共団体の財政力を示す指標として用いられる指数であり、基準財政収入額を基準財政需要額で除した数値である。通常は過去3カ年の平均値を指す。(https://ja.wikipedia.org/wiki/財政力指数から引用)
年度指数和歌山県
30
全国
1741
2018年0.4
9位986位
2019年0.39
9位1010位
2020年0.4
9位991位
2021年0.4
9位972位
2022年0.41
9位927位
(出典:政府統計の窓口を編集)

ふるさと納税の紀の川市への寄付金額

ふるさと納税の紀の川市への寄付金額の推移と順位。
決算年度寄付金額和歌山県
30
全国
1741
2008年¥100,000
23位1412位
2009年¥356,000
18位1210位
2010年¥600,000
17位1105位
2011年¥360,000
22位1280位
2012年¥895,000
19位1045位
2013年¥1,411,634
16位985位
2014年¥110,000
28位1649位
2015年¥32,538,000
10位614位
2016年¥81,987,001
13位585位
2017年¥60,548,119
17位766位
2018年¥58,064,000
17位844位
2019年¥353,376,500
5位339位
2020年¥545,924,000
7位300位
2021年¥770,744,400
6位258位
2022年¥1,387,749,800
4位160位
(出典:総務省|ふるさと納税ポータルサイトを編集)

外部サイト