格安の単身引越し【さいたま市】
引越し料金を公開中

さいたま市の単身引越しが格安、安い!

さいたま市の引越しは区に分けて料金を見積もります。全国どこでも作業の引受が可能なわけではありませんが、引越し費用の計算にご利用ください。

単身引越し

お取り扱い
  • 単身の引越し
  • 荷物が少ない引越し
  • ミニ引越し
  • 小さい引越し
  • 一人暮らしの引越し
  • ワンルームの引越し
  • 学生引越し
お住まいをクリック
<あ行>
<か行>
<さ行>
<た行>
<な行>
<ま行>

軽トラック1台分の荷物
さいたまの引越し料金例(単身)

地点間の距離GOOGLE プライバシー ポリシー

下は単身でさいたま市から各地へ引越しする料金の1例です(1階から1階)。軽トラック1台に適量の荷物を運ぶ場合の参考見積(税込)です。閑散期の割引、繁忙期の割増等を考慮していません。高速道路は利用してもしなくても金額は変わりません。都合上引受ができないルートの料金が表示される場合があります。

さいたま市から埼玉県までの引越し料金

クリック埼玉県の市町村を表示

さいたま市から東京都までの引越し料金

クリック東京都の市町村を表示

さいたま市から神奈川県までの引越し料金

クリック神奈川県の市町村を表示

さいたま市から千葉県までの引越し料金

クリック千葉県の市町村を表示

さいたま市から茨城県までの引越し料金

クリック茨城県の市町村を表示

さいたま市から栃木県までの引越し料金

クリック栃木県の市町村を表示

さいたま市から群馬県までの引越し料金

クリック群馬県の市町村を表示

さいたま市から福島県までの引越し料金

クリック福島県の市町村を表示

さいたま市から宮城県までの引越し料金

クリック宮城県の市町村を表示

さいたま市から山形県までの引越し料金

クリック山形県の市町村を表示

さいたま市から山梨県までの引越し料金

クリック山梨県の市町村を表示

さいたま市から静岡県までの引越し料金

クリック静岡県の市町村を表示

さいたま市から長野県までの引越し料金

クリック長野県の市町村を表示

さいたま市から新潟県までの引越し料金

クリック新潟県の市町村を表示

引越し業者の道具をご紹介します!

引越し業者が使う道具のご紹介です。実際にサイト運営者(TAKE引越センター)が使用している資材です。早く丁寧に作業するために、こんなものを使いながら作業をしています。

  • ハイパット
    多くの引越し業者が家具の簡易梱包にハイパット(ジャバラともいいます。)を使います。ハイパットは被せるだけなの家具の梱包に手間がかかりません。
  • 古毛布
    緩衝材として万能な古毛布は引越し業者がよく使用する資材です。テレビの画面を保護するために、家具の傷防止のために、簡単な床の養生に使います。
  • マットレスカバー
    ベッドマットレスの梱包にはマットレスカバーを使います。室外で地面に直に置いても汚れず、雨天時の作業でも濡れる心配がありません。
  • Dカンベルト
    Dカンベルトも引越し資材の定番です。梱包した家具はDカンベルトで縛ります。縛ってできる持ち手をつかんで家具を運びます。直接手をかけて家具を持ち上げないので破損のリスクを減らすことができます。
  • ハンディラップ
    ハンディラップは引越し作業で最も多く使用する必需品です。電気製品のコードをまとめて固定するために使います。
  • 平台車
    エレベーターを使って荷物を運ぶ時は必ずと言っていいほど台車を使います。手押しの台車よりも平台車の方がたくさんの量の荷物を運搬できるので作業効率があがります。
  • 背負子
    階段を使って荷物を運ぶ時は背負子(しょいこ)が活躍します。引越し用の背負子はキャスターがついているのでカートの代わりにもなります。
  • ハンガーボックス
    ハンガーボックスとは服をハンガーにかけたまま収納できるケースのことです。しわを作りたくないスーツ等の服を運ぶ際にお客様に喜ばれます。
  • もっこ
    重量物を運ぶ時は、もっこを使います。両手がつかえるのでバランスを取りながら安定して荷物を運べます。
  • 養生板
    重量物の設置時は傷防止のために樹脂製の養生板で床をカバーします。
  • 工具
    ベッドの分解組立、洗濯機の脱着等のために引っ越し業者は必要な工具を携帯しているのが普通です。

さいたま市から引越しする時の料金を知りたい!

さいたま市の引越し。軽トラックで積載可能な荷物量です。1Fから1Fの引越し場合、料金はどれくらいですか?

下は閑散期のお値引き、繁忙期の割増を考慮してません。表示される料金は税込で高速道路は利用してもしなくても同じです。大手単身引越しパックの料金との比較で便利かもしれません。(都合上お引受ができないルートの料金が表示される場合があります。)

さいたま市から埼玉県内の引越し料金 ...他

さいたま市の引越し。正確なお見積もり得るにはどうすればよいですか?

正確なお見積り【単身引越し】自分で見積もりをしてみませんか??からどうぞ。

階段やエレベーター等の建物の情報以外に運搬を依頼する荷物の情報を入力することでお見積額を自動でお返しします。ご入力をいただいた情報をメールで送信できるようになっていて、お申し込みの際の対応がスムーズになります。

お見積りを得るまでにメールアドレスや電話番号等の個人情報は必要ありません。(都合上お引受ができないルートの料金が表示される場合があります。)

さいたま市の人口、転入数、転出数

2023.1.1のさいたま市の人口は1,339,333人で、埼玉県内で1番目の数です。(うち約2.156%の28,881人が外国人。)2022年のさいたま市は10,607人の転入超過です。84,797人がさいたま市内に引越し(転入)をして、73,484人がさいたま市外へ引っ越し(転出)をしました。(さいたま市内の移動は含まない。住民基本台帳 政府統計の窓口を編集。)

さいたま市埼玉県
63
全国
1,741
人口
(2023.1.1)
1,339,333人1位9位
2022年 転入84,797人
2022年 転出73,484人
人口増減数1年
(2022年)
7,107人1位3位
人口増加率1年
(2022年)
0.533%1位83位
社会増減1年
(2022年)
10,607人1位6位
外国人の人口
(2023.1.1)
28,881人2位15位
外国人の割合
(2023.1.1)
2.156%31位405位
一人当たりの所得(年収)
(2023年)
4,230,759円1位56位
財政力指数
決算年度(2022年)
0.966位89位
ふるさと納税寄付額
決算年度(2022年)
¥144,586,23513位929位

さいたま市の社会増減の推移(国外を含む)

※ 2001.05.01
浦和市,大宮市,与野市が合併。さいたま市になる。
※ 2003.04.01
さいたま市が政令指定都市になる。
※ 2005.04.01
岩槻市が合併。
現在のさいたま市に相当する地域に引っ越し(転入)して来た人の数から、引っ越し(転出)した人の数を引いたさいたま市の社会増減の推移(国外を含む)(出典:政府統計の窓口を編集)
全国1741
1994年1位6,320人
1995年2位6,404人
1996年2位7,230人
1997年6位4,543人
1998年4位6,275人
1999年9位4,761人
2000年8位4,112人
2001年8位6,083人
2002年9位4,315人
2003年5位5,791人
2004年21位2,533人
2005年16位3,101人
2006年27位2,565人
2007年7位6,027人
2008年5位7,733人
2009年4位7,246人
2010年4位5,338人
2011年5位5,302人
2012年16位21,100人
2013年4位7,293人
2014年7位6,312人
2015年6位8,590人
2016年4位10,383人
2017年5位10,385人
2018年3位10,631人
2019年3位12,765人
2020年3位11,525人
2021年1位9,756人
2022年6位10,607人
※さいたま市内の移動は含まれていません。
さいたま市に引っ越し(転入)して来た外国人の数から、引っ越し(転出)した外国人の数を引いたさいたま市の外国人の社会増減の推移(国外を含む)(出典:政府統計の窓口を編集)
全国1741
2013年3位621人
2014年21位653人
2015年24位1,052人
2016年17位1,559人
2017年18位1,621人
2018年11位1,657人
2019年10位2,078人
2020年1482位
-43人
2021年1696位
-537人
2022年25位2,027人
※さいたま市内の移動は含まれていません。

さいたま市の人口の推移

現在のさいたま市を構成する範囲の人口の推移です。(政府統計の窓口を編集。)
最小最大
人数全国
1741
人口の変化
1995.01.011,060,821人10位
1996.01.011,072,964人10位
1997.01.011,086,152人10位
1998.01.011,096,623人10位
1999.01.011,108,406人10位
2000.01.011,118,760人9位
2001.01.011,128,342人9位
2002.01.011,139,290人9位
2003.01.011,148,210人9位
2004.01.011,158,391人9位
2005.01.011,164,898人9位
2006.01.011,173,418人9位
2007.01.011,179,292人9位
2008.01.011,188,340人9位
2009.01.011,198,996人9位
2010.01.011,209,234人9位
2011.01.011,216,892人9位
2012.01.011,223,954人9位
2013.01.011,246,180人9位
2014.01.011,253,582人9位
2015.01.011,260,879人9位
2016.01.011,270,476人9位
2017.01.011,281,414人9位
2018.01.011,292,016人9位
2019.01.011,302,256人9位
2020.01.011,314,145人9位
2021.01.011,324,589人9位
2022.01.011,332,226人9位
2023.01.011,339,333人9位
さいたま市に住む外国人の数の推移です。(政府統計の窓口を編集。)
最小最大
人数外国人人口変化人口率全国
1741
2014.01.0117,503人
1.3962%324位
2015.01.0118,264人
1.4485%323位
2016.01.0119,433人
1.5295%331位
2017.01.0121,147人
1.6502%324位
2018.01.0122,952人
1.7764%333位
2019.01.0124,724人
1.8985%353位
2020.01.0126,977人
2.0528%378位
2021.01.0127,099人
2.0458%380位
2022.01.0126,705人
2.0045%363位
2023.01.0128,881人
2.1563%405位

2023.1.1 - さいたま市の年齢別人口

さいたま市の5歳毎の年齢別人口ピラミッド(2023.1.1 住民基本台帳)。全国平均を重ねて比較。
さいたま市全国平均(政府統計の窓口を編集。)

外国人を含む

 
 










































女性男性
675,211人664,122人
499人(0.037%)
100~
71人(0.005%)
2,934人(0.219%)
95~99
820人(0.061%)
9,811人(0.732%)
90~94
4,158人(0.31%)
19,818人(1.479%)
85~89
12,290人(0.917%)
29,734人(2.22%)
80~84
22,355人(1.669%)
36,283人(2.709%)
75~79
29,334人(2.19%)
40,722人(3.04%)
70~74
36,771人(2.745%)
32,213人(2.405%)
65~69
32,545人(2.429%)
35,729人(2.667%)
60~64
37,691人(2.814%)
44,418人(3.316%)
55~59
46,768人(3.491%)
53,900人(4.024%)
50~54
56,466人(4.215%)
52,030人(3.884%)
45~49
54,906人(4.099%)
45,090人(3.366%)
40~44
47,677人(3.559%)
42,859人(3.2%)
35~39
44,974人(3.357%)
40,465人(3.021%)
30~34
41,802人(3.121%)
40,351人(3.012%)
25~29
40,192人(3%)
35,516人(2.651%)
20~24
36,330人(2.712%)
29,107人(2.173%)
15~19
30,851人(2.303%)
29,127人(2.174%)
10~14
30,564人(2.282%)
28,570人(2.133%)
5~9
30,409人(2.27%)
26,035人(1.943%)
0~4
27,148人(2.026%)

外国人のみ

 
 










































女性男性
14,929人13,952人
1人(0.003%)
100~
0人(0%)
3人(0.01%)
95~99
2人(0.006%)
18人(0.062%)
90~94
4人(0.013%)
42人(0.145%)
85~89
20人(0.069%)
79人(0.273%)
80~84
49人(0.169%)
107人(0.37%)
75~79
79人(0.273%)
197人(0.682%)
70~74
152人(0.526%)
334人(1.156%)
65~69
203人(0.702%)
625人(2.164%)
60~64
349人(1.208%)
948人(3.282%)
55~59
501人(1.734%)
1,219人(4.22%)
50~54
691人(2.392%)
1,160人(4.016%)
45~49
861人(2.981%)
1,563人(5.411%)
40~44
1,280人(4.431%)
1,634人(5.657%)
35~39
1,576人(5.456%)
1,861人(6.443%)
30~34
2,107人(7.295%)
1,823人(6.312%)
25~29
2,154人(7.458%)
1,224人(4.238%)
20~24
1,700人(5.886%)
463人(1.603%)
15~19
462人(1.599%)
444人(1.537%)
10~14
481人(1.665%)
612人(2.119%)
5~9
651人(2.254%)
572人(1.98%)
0~4
630人(2.181%)

さいたま市の平均所得の推移

さいたま市の納税義務者一人当たりの平均所得(年収)の推移。
年度年収埼玉県
63
全国
1741
1975年1,642,005円
5位99位
1976年1,827,044円
5位87位
1977年1,937,471円
3位80位
1978年2,108,091円
3位73位
1979年2,270,172円
3位74位
1980年2,457,528円
3位75位
1981年2,637,084円
2位73位
1982年2,765,444円
2位72位
1983年2,869,812円
2位80位
1984年3,019,029円
3位79位
1985年3,104,708円
4位77位
1986年3,219,897円
5位80位
1987年3,378,969円
5位70位
1988年3,675,156円
3位63位
1989年3,747,702円
5位82位
1990年4,134,467円
5位78位
1991年4,372,905円
5位103位
1992年4,589,834円
5位75位
1993年4,308,860円
5位78位
1994年4,353,238円
4位78位
1995年4,353,831円
4位85位
1996年4,305,767円
4位80位
1997年4,357,979円
3位80位
1998年4,331,797円
3位83位
1999年4,234,559円
3位82位
2000年4,209,277円
3位79位
2001年4,199,496円
1位77位
2002年4,174,798円
1位75位
2003年4,087,177円
1位72位
2004年4,063,216円
1位67位
2005年4,027,415円
1位61位
2006年3,969,902円
1位58位
2007年3,994,075円
1位57位
2008年3,968,850円
1位56位
2009年3,885,545円
1位58位
2010年3,730,038円
1位56位
2011年3,738,804円
1位53位
2012年3,736,270円
1位53位
2013年3,731,774円
1位56位
2014年3,809,872円
1位55位
2015年3,809,352円
1位55位
2016年3,869,568円
1位52位
2017年3,878,789円
1位57位
2018年3,919,102円
1位54位
2019年3,965,605円
2位57位
2020年3,956,730円
1位55位
2021年4,017,617円
1位55位
2022年4,123,519円
1位54位
2023年4,230,759円
1位56位
(出典:総務省|地方税に関する統計等を編集)

さいたま市の財政力指数の推移

財政力が高い市町村は行政サービスが充実しているかもしれません。さいたま市の財政力指数の推移です。
財政力指数(ざいせいりょくしすう)とは、地方公共団体の財政力を示す指標として用いられる指数であり、基準財政収入額を基準財政需要額で除した数値である。通常は過去3カ年の平均値を指す。(https://ja.wikipedia.org/wiki/財政力指数から引用)
年度指数埼玉県
63
全国
1741
2018年0.98
6位96位
2019年0.98
6位99位
2020年0.98
6位97位
2021年0.97
6位92位
2022年0.96
6位89位
(出典:政府統計の窓口を編集)

ふるさと納税のさいたま市への寄付金額

ふるさと納税のさいたま市への寄付金額の推移と順位。
決算年度寄付金額埼玉県
63
全国
1741
2008年¥11,653,616
1位85位
2009年¥2,740,944
7位417位
2010年¥4,976,395
6位257位
2011年¥5,054,369
7位300位
2012年¥1,609,610
15位770位
2013年¥2,611,412
13位663位
2014年¥4,598,417
8位684位
2015年¥5,787,161
30位1085位
2016年¥24,919,397
21位961位
2017年¥12,199,572
29位1262位
2018年¥10,522,000
30位1377位
2019年¥23,704,342
22位1225位
2020年¥55,118,611
15位1116位
2021年¥100,816,162
12位1012位
2022年¥144,586,235
13位929位
(出典:総務省|ふるさと納税ポータルサイトを編集)

【2023年】各区別人口

下はさいたま市の各区の2023年1月1日現在の人口です。(政府統計の窓口を編集。)
人数
1 南区193,471人
2 浦和区168,522人
3 見沼区165,005人
4 北区149,826人
5 緑区132,308人
6 大宮区124,002人
7 岩槻区112,253人
8 中央区103,059人
9 桜区96,304人
10 西区94,583人

さいたま市で引越して来る方が多い区(2022年)

2022年で転入超過で引っ越してくる人の方が多いさいたま市の区です。※さいたま市内の移動は含まれていません。(政府統計の窓口を編集。)
人数
1 大宮区2,953人
2 緑区1,245人
3 見沼区1,128人
4 南区1,125人
5 浦和区867人
6 桜区797人
7 北区768人
8 西区680人
9 中央区547人
10 岩槻区497人

さいたま市で引越して行く方が多い区(2022年)

※さいたま市内の移動は含まれていません。(政府統計の窓口を編集。)

※該当の街はありませんでした。

外部サイト