格安の単身引越し【横浜市】
引越し料金を公開中

横浜市の単身引越しが格安、安い!横浜市の引越しは区に分けて料金を見積もります。全国どこでも作業の引受が可能なわけではありませんが、引越し費用の計算にお役立てください。

単身引越し

お取り扱い
  • 単身の引越し
  • 荷物が少ない引越し
  • ミニ引越し
  • 小さい引越し
  • 一人暮らしの引越し
  • ワンルームの引越し
  • 学生引越し
お住まいをクリック
<あ行>
<か行>
<さ行>
<た行>
<な行>
<は行>
<ま行>

軽トラック1台分の荷物
横浜の引越し料金例(単身)

地点間の距離GOOGLE プライバシー ポリシー

下は単身で横浜市から各地へ引越しする料金の1例です(1階から1階)。軽トラック1台に適量の荷物を運ぶ場合の参考見積(税込)です。閑散期の割引、繁忙期の割増等を考慮していません。高速道路は利用してもしなくても金額は変わりません。都合上引受ができないルートの料金が表示される場合があります。

横浜市から神奈川県までの引越し料金

クリック神奈川県の市町村を表示

横浜市から東京都までの引越し料金

クリック東京都の市町村を表示

横浜市から千葉県までの引越し料金

クリック千葉県の市町村を表示

横浜市から埼玉県までの引越し料金

クリック埼玉県の市町村を表示

横浜市から静岡県までの引越し料金

クリック静岡県の市町村を表示

横浜市から茨城県までの引越し料金

クリック茨城県の市町村を表示

横浜市から栃木県までの引越し料金

クリック栃木県の市町村を表示

横浜市から群馬県までの引越し料金

クリック群馬県の市町村を表示

横浜市から福島県までの引越し料金

クリック福島県の市町村を表示

横浜市から山梨県までの引越し料金

クリック山梨県の市町村を表示

横浜市から長野県までの引越し料金

クリック長野県の市町村を表示

横浜市から新潟県までの引越し料金

クリック新潟県の市町村を表示

横浜市から愛知県までの引越し料金

クリック愛知県の市町村を表示

横浜市の人の流れ

住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数調査 調査の結果 | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口によると2021年の1年間で210,385人が横浜市内転入し、202,156人が横浜市外へ転出しました。

横浜市神奈川県
33自治体
全国
1,741自治体
人口
(2022.1.1)
3,755,793人1位1位
2021年 転入210,385人
2021年 転出202,156人
人口増減数1年
(2021年)
-4,146人32位1,725位
人口増減数5年
(2017~2021年)
19,950人2位9位
人口増加率1年
(2021年)
-0.11%12位213位
人口増加率5年
(2017~2021年)
0.534%10位215位
社会増減1年
(2021年)
7,292人1位3位
社会増減5年
(2017~2021年)
56,413人1位2位
下は横浜市内に転入して来た人の数から横浜市外へ転出した人の数を引いたもの(住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数調査 調査の結果 | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口より)
2013年4,000人
2014年7,410人
2015年6,890人
2016年8,556人
2017年6,060人
2018年13,538人
2019年16,157人
2020年13,366人
2021年7,292人

横浜市の各区別人口

下は横浜市の各区の2022年1月1日現在の人口です。(住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数調査 調査の結果 | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口から引用。)

1 港北区351,978人
2 青葉区310,217人
3 鶴見区294,028人
4 戸塚区282,714人
5 旭区244,821人
6 神奈川区241,476人
7 港南区214,976人
8 都筑区214,916人
9 保土ケ谷区204,082人
10 南区198,822人
11 金沢区196,463人
12 緑区182,182人
13 磯子区167,405人
14 泉区152,700人
15 中区152,191人
16 瀬谷区122,587人
17 栄区120,956人
18 西区103,279人

横浜市で引越して来る方が多い区(5年)

下は横浜市の各区別の人口の2017~2021年の5年間(2017~2021年)の社会増です。社会増とは転入が転出よりも多いことで、引っ越してくる人の方が多いということになります。※横浜市内の異動は含まれていません。(住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数調査 調査の結果 | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口から引用。)

1 戸塚区7,160人
2 神奈川区7,013人
3 港北区6,596人
4 西区5,600人
5 南区5,159人
6 鶴見区4,922人
7 中区4,410人
8 港南区3,002人
9 緑区2,706人
10 保土ケ谷区2,354人
11 旭区2,188人
12 磯子区2,146人
13 青葉区1,522人
14 都筑区1,145人
15 栄区796人
16 泉区329人

横浜市で引越して行く方が多い区(5年)

下は横浜市の各区別の人口の2017~2021年の5年間(2017~2021年)の社会減です。社会減とは転出が転入よりも多いことで、引っ越して行く人の方が多いということになります。※横浜市内の異動は含まれていません。(住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数調査 調査の結果 | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口から引用。)

1 金沢区-405人
2 瀬谷区-230人

引越し業者の道具をご紹介します!

引越し業者が使う道具のご紹介です。実際にサイト運営者(TAKE引越センター)が使用している資材です。早く丁寧に作業するために、こんなものを使いながら作業をしています。

  • ハイパット
    多くの引越し業者が家具の簡易梱包にハイパット(ジャバラともいいます。)を使います。ハイパットは被せるだけなの家具の梱包に手間がかかりません。
  • 古毛布
    緩衝材として万能な古毛布は引越し業者がよく使用する資材です。テレビの画面を保護するために、家具の傷防止のために、簡単な床の養生に使います。
  • マットレスカバー
    ベッドマットレスの梱包にはマットレスカバーを使います。室外で地面に直に置いても汚れず、雨天時の作業でも濡れる心配がありません。
  • Dカンベルト
    Dカンベルトも引越し資材の定番です。梱包した家具はDカンベルトで縛ります。縛ってできる持ち手をつかんで家具を運びます。直接手をかけて家具を持ち上げないので破損のリスクを減らすことができます。
  • ハンディラップ
    ハンディラップは引越し作業で最も多く使用する必需品です。電気製品のコードをまとめて固定するために使います。
  • 平台車
    エレベーターを使って荷物を運ぶ時は必ずと言っていいほど台車を使います。手押しの台車よりも平台車の方がたくさんの量の荷物を運搬できるので作業効率があがります。
  • 背負子
    階段を使って荷物を運ぶ時は背負子(しょいこ)が活躍します。引越し用の背負子はキャスターがついているのでカートの代わりにもなります。
  • ハンガーボックス
    ハンガーボックスとは服をハンガーにかけたまま収納できるケースのことです。しわを作りたくないスーツ等の服を運ぶ際にお客様に喜ばれます。
  • もっこ
    重量物を運ぶ時は、もっこを使います。両手がつかえるのでバランスを取りながら安定して荷物を運べます。
  • 養生板
    重量物の設置時は傷防止のために樹脂製の養生板で床をカバーします。
  • 工具
    ベッドの分解組立、洗濯機の脱着等のために引っ越し業者は必要な工具を携帯しているのが普通です。

外部サイト